あのひと——少年10     
                                                        谷川俊太郎

あのひとを愛しただけで

ぼくの一生は終わってしまうだろう

そのあと死んだぼくは

あのひとの思い出に生きつづける



あのひとの上にひろがる青空は

ぼくだけのものだった

あのひとの頬を照らした太陽も

ぼくは誰にもわたさない



雪におおわれた山脈のむこうに

あのひとの住む村があって

そこであのひとは子供を生み

孫たちにかこまれるだろう



幸せはまぼろしのようにはかなく

化石のようにいつまでも地下にある

ぼくにはもう見えているのだ

あのひとの静かなひとみが

創作者介紹

貓頭鷹的森林

owlsforest 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()