今天出現一則有趣的新聞標題,沒看過這個說法,於是查了一下。

 

狀況外的事務所,處境真的很尷尬,從一開始怕出意外,急著尋人,到後來酒井法子被抓,道歉、流淚,事務所社長發現原來自己跟酒井並沒有那麼熟,

不但不知道她有吸毒的弟弟,也不知道她竟然也是毒蟲。

目前傳聞紛紛,不但有說她十年前就開始吸毒,也還說她帶小孩去看日全蝕的時候也準備了毒品。

整個變得很糟糕啊!

難怪大姊大akiko要痛罵她對孩子沒有責任感,贊成重罰她,也反對她重返演藝圈。

只能說,這假象真是令很多人痛心啊!

 

不仲説否定も…サンミュージック“蚊帳の外”

8月22日7時6分配信 スポニチアネックス

 酒井法子容疑者の所属事務所「サンミュージック」の相澤正久社長(60)は「いまだに弁護士とも連絡が取れません。情報はすべて報道で知るだけ。関係各位にも事情を説明しきれないことがあり、歯がゆい思いをしています」と語った。

 今年始め頃には、外部から酒井容疑者の覚せい剤使用を疑う声を聞いたため、相澤社長がスタッフを通じて問いただしたが「会社が信じてくれないのです か?」とも言われたという。酒井容疑者と事務所との不仲説もあがっているが、相澤社長は「3月の僕の誕生日にはプレゼントもくれて、パーティーにも出席し てくれたし、不仲になることはありませんでした」と否定した。

 

かや‐の‐そと【蚊帳の外】

《蚊帳の外で蚊に刺されていることから》無視され、不利な扱いを受けること。また、物事に関与できない位置に置かれること。内情がわからない立場に置かれること。

 

用法大致有以下幾種,大部分是新聞用語:


日銀だけ蚊帳の外では協調体制はうまくいかない

東アジア'蚊帳の外'で残るだろうか

「ポスト麻生」争いの蚊帳の外に置かれている。

日本勢は完全に蚊帳の外に置かれた

和平交渉、女性は蚊帳の外

結局、一人蚊帳の外なのがIT業界のようだ



創作者介紹

貓頭鷹的森林

owlsforest 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()